髪に関して心配する男性

脱毛を引き起こす男性ホルモンが産出されることで脱毛は進行し、薄毛の状態になります。
運動、頭皮のマッサージなど育毛に良いとされる方法は様々ありますが、脱毛を引き起こす男性ホルモンが生産されている状態では効果が薄く、男性ホルモンが生産されている限り、薄毛は進行の一途を辿るとされています。
育毛を行うには男性ホルモンの生産を抑制する必要があり、そのためには男性ホルモンを抑制する医薬品を使用する必要があります。
2016年現在、男性ホルモンを抑制する医薬品としてプロペシアが有名ですが、値段がある程度高いこともあり、長期的な治療が必須であるAGAの改善において、金銭的な問題で治療に支障をきたす場合があります。
近年、そのプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを服用する人も多くおり、価格が安価でありながら効果は同一のフィンペシアは世界中で広く使用されている医薬品になっています。
フィンペシアは男性ホルモンの抑制に効果を発揮し、日本国内における臨床試験ではおよそ8割の患者に効果が認められたとされていますが、長期的な使用においてはじめて効果を発揮する医薬品であり、短期的な使用では効果に期待は持てないとされています。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、抜けた後、再び元の長さの髪の毛が生えるまでには最低3ヶ月の日数が必要であると考えられています。
そのため、フィンペシアの使用を開始したとしても、効果が出るまでには最低でも3ヶ月の期間が必要になり、短期で髪の毛が生え揃うといったことはないとされています。
そのフィンペシアの効果が出るまでの期間にも個人差があり、3ヶ月で効果が現れる人もいれば、半年、一年以上掛かる人も存在するとされています。
そのため、フィンペシアによる治療は根気強く続けることが肝要であり、結果が出ないからといって使用を中断することは意味を成さないとされています。

記事一覧
男性の皮膚
白い錠剤と瓶
皮膚を気にする男性
錠剤と瓶